FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

自分の器5 

ぼくはよく思いこみで言葉を勝手に解釈する名人。
いや、迷人です。
子供のころから、コップも自然に使っていたのですが、
ある時、ガラスで出来た物は、
グラスとか、タンブラーといっているなーと、
学校で英語を習い出すと、
湯呑みみたいなものを、"cup"と言うと知って、
ああー、きっとなまって"cop"と言うようになったんだーと、
思いっきり思いこみ。
(間違えじゃーすまないよー。間違えで済めばコップは・・・もとい警察はいらない・・さぶ)
もちろん、違っていました。
オランダ語で、小振りな入れ物を、”Kop”とい言うそうです。
ポルトガル語では、”copo”と言うそうです。
言葉と一緒に伝わった素材が、
ギヤマン、ビードロといわれたガラスだったので、
どうも、ガラスのコップという使い方になったようです。

mc21.jpg



さてその、ガラスのコップです。
牛乳やジュースなどのコップでは、
自分の器は少ないようですが、
中身が嗜好性が強くなってくると、
好んで使うコップや自分のコップが決まってくるようです。

mc34.jpg


晩酌のビール、焼酎やウイスキー、ワインやリキュール。
また、純米や吟醸など美味しいお酒も呑めるようになって、
冷たい日本酒を飲むときなどにも、
自分のコップを持つ方が増えてきました。

mc31.jpg


特に吹きガラスは、口作りがやきものロクロとおなじで、
一つずつ口作りをするために、
大変なめらかで、口当たりがよく、
いったん使うと、贔屓になっていただけます。
後はもう、中身と持ち心地の好みで、
選び方は“うつわ”の数だけあります。

mc18.jpg


今夜の晩酌は自分のコップでいかがですか?

                閑庵

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/135-10d59fe7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)