FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

透光性実験

昨日磁器は光を透かすとお話ししました。
磁器(石物=いしもの)を見極める簡単な方法の一つなので、
店でも、手頃な器をランプに透かして、
磁器の透光性を体験していただき、
磁器の性質をお話しします。

野波実さんの一見ぽってりとして肌合いでも、
透光性を見て頂く実験をして・・・。
というより、甘庵の遊びなんですけどね。

09nonami113.jpg

まずはこのマット白磁の丸花器で、
実験してみましょう。

銀花オリジナルのスタンドは、
シェードが簡単に取り外しできるので、
アッパースタンドから、
巳亦さんの吹きガラスのシェードをはずして、
そこに、丸花器を逆さに乗せてみて、
点灯!!

09nonami112.jpg
マット白磁丸花器 5,000円
径12cm高さ10cm


ご覧のように、ぼんぼりのように、
ほんわかした光の明かりになりました。
店の照明を暗くしてみると・・・。

09nonami111.jpg

上が特に明るいのは、
底が無駄ない厚みで、良く透けるかららです。

09nonami109.jpg

野波さんの器は陶器に近い、温かみのある表情ですが、
こうして光にかざしてみると、やっぱり磁器。
当たり前なんですけどね。
なので、磁器の使いやすさである、
素地に汚れや匂いが付かずに、素地が堅く、丈夫で、
飽きのこない温かみのある、
手仕事の魅力をもった器なんです。

             甘庵
ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。

ランキングアップは皆様のクリックのおかげです。
とても励みになっています。

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1351-f8a1a8cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)