FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

基本の器 その2 注器

野波実さんの注ぐ器はとても魅力的です。
切れが良く、匂いや色がつかないなどの、
使いやすいことだけではなく、
姿形が、どこかユーモラスで、
おどけた表情が読み取れ、
心和ませてくれるます。

09nonami976.jpg

人気もあって、一つずつなので、
ご紹介する前に、減ってしまっているのですが、
それでもお知らせしたいので書かせてもらいます。

09nonami144.jpg
青白磁蓋付き注器 3,500円 残り各1客
径6.5cm高さ7.7cm


09nonami142.jpg

使い方は自由ですが、醤油差しにちょうど良いサイズです。

09nonami975.jpg
白磁後手注器 3,500円 残り1客
径7cm高さ7cm


ドレッシングや、湯冷まし、クリーマーなど、
なにかと便利に使えそうです。

注器は、鉢や碗などより、注ぐ道具という、
用途は絞られた器ですが、
手元に置きたい器ですし、
口があるだけで、方向ができたり、
姿に特徴があるでけに、お好みの注器を持つと、
飽きない姿で、使うのが楽しく、
食卓に楽しさをもたらせてくれます。

               甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1354-72e00321
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)