FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

失敗しない器選び その 1

器選びの時知っておきたいことをお話ししていきます。
まず、宿題だったやきものの種類からお話しします。

ある陶芸家が、やきものを「おこし」にたとえて説明していました。
浅草のおみやげ「雷おこし」とかの「おこし」です。
わかりやすいたとえなので、お客さまにもよくお話します。

 やきものを性質から分けると、
土器、陶器、せっ器、磁器と4つにわけられます。
このうち土器は、身の回りだと植木鉢ぐらいで、
もろいし、漏るから、有名な大社の祭事以外は、
器としてはあまり使いません。
陶器とせっ器を昔は土物って、呼んでました。
土(掘り出した粘土)で作るからです。
磁器を石物と呼んでいました。
これは、陶石などを粉にした素地でつくるからです。

さて、おこしのたとえですが、
陶器は豆のおこし。
せっ器は米のおこし。
磁器は粟のおこし。
それぞれの粒子がだんだん細かくなって、
それに水飴がからんで固まっています。
乱暴な言い方ですが、
やきものも簡単にいってしまうと、こんな感じなんです。
つまり、おこしは、それぞれ似たようでいて、
このそれぞれの粒でちょっと性質が違ってきます。

fjt57.jpg



陶器は、素地が荒い分、水を吸ってしまいます。
釉薬で器として成り立っています。
その分、使い込んで表情が変わっていくのを楽しめます。
汚れと紙一重ですが、数寄人たちは侘び寂びといって見所として楽しみました。

turumi.p.jpg


せっ器は、陶器より細かい分、水をあまり吸いません。
そこで釉薬のかからないやきものができます。
でも、釉薬が掛かっているものもあります。
陶器よりは硬く、変わりにくく、チップもしにくいです。
「せっ器」と言う言葉は、あまりききませんよね。
でも、堅さもあるので、器以外でもよく使われています。
建物の床や壁のタイルなどは、
「せっ器質タイル」が主流です。

673.jpg


 磁器は、さらに素地がきめ細やかで、水を吸いません。
その分より硬質で、色が変わることもほとんどありません。
あっても茶渋のように表面についた状態ですから、
汚れにくく、釉薬の表面に汚れやアクがついたときには、
研磨出来るスポンジや、漂白材で元に戻ります。

それぞれのやきものには、善し悪しではなく、個性と特製があって、
それらを取り混ぜて楽しんでしまうのが、
ぼくらの暮らしの習慣となってきました。
そのためにも、それぞれの特徴や個性を大まかでも捕らえて置くことで、
器を使う楽しみが、より広がってくると思います。

                               閑庵

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/136-dd1b2fc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)