FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

決算市 お薦めの器 片口

今日のお薦めお買い得品は片口をご紹介します。
片口ですから、まず注ぎやすく、切れが良い方がいいですね。
やきもの片口は、抜群の切れです。
ガラスは、欠けにくい形状と切れのぎりぎりの点で作っているので、
注ぎやすさはお薦めできます。

口が付いた鉢やボールの形ですから、
盛ることも楽しみたくなります。
口が付くことで、惹かれる形なのは、
左右非対称の形を好むDNAで、
和の美に関わることだと思っています。

注いでよし、盛ってよし、
時に、花を活けてもよしの片口は、
自分の好みと使い方にあった、形や素材をえらぶと、
食卓でとても活躍してくれる器になります。

09tunokake431.jpg

09tunokake433.jpg
角掛政志 片口鉢 
左:定価4,410円 径15.2cmH8.5cm
右:定価4,200円 径14cmH8.5cm


からっとしっかり焼けている素地からは、
長石が溶けて白く丸くなっているのが見えます。
丈夫でスパッと切れ、日常使いの片口にお薦めな上、
凛として姿には気品と格も兼ね備えたいる、
お薦めの角掛さんの片口です。



09turumi434.jpg

09turumi435.jpg

09turumi436.jpg
鶴見宗次 手ひねり片口鉢 
左:定価3,150円 W12.5cmD10.2cmH7.8cm
中:定価4,200円 W14cmD10cmH8.5cm
右:定価5,250円 W18.5cmD12cmH8cm

鶴見さんの焼しめの片口は、
使う時に、たっぷり濡らして使ってもらえば、
夏の器としての本領発揮して、涼感を楽しめます。
冷酒も良し、酢の物なども良しと活躍してくれます。

09mimata437.jpg

09mimata438.jpg

09mimata.jpg
巳亦敬一 吹きガラス片口鉢 
手前左:定価4,830円 W12.2cmD8.5cmH8cm
手前中:定価4,567円 W14.1cmD12cmH8.3cm
奥左:定価4,725円 W15.4cmD11cmH9.2cm
奥右:定価8,610円 W17.7cmD14.8cmH10.5cm


飽きの来ない深い色合いで、和食器との取り合わせも良く、
使える季節も長く使えます。
一つずつ作ることでしか生まれない、
美しさは手に持ってこそ感じ取れます。
ぜひ使ってみてほしい巳亦さんの片口です。

角掛さんと鶴見さんの片口は常設のコーナーにあり、
決算市開催中は、定価から10%引きになります。
丸銀会員やWEBでお買い物いただいた記録のあるお客さまは、
20%引きになります。
巳亦さんのガラス片口は、
決算市人気の作り手奉仕品で、定価から20%引きになります。
丸銀会員やWEBでお買い物いただいた記録のあるお客さまは、
25%引きになります。
会期は明日月曜日までになりました。
この機会に、ぜひ使い始めるチャンスにしてください。

                   甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1369-19b6b5cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)