FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

仄かに煌めくガラス

巳亦敬一さんのガラス展が始まります。
一度でも手に取って頂いた方は、
その不思議な魅力を体験していただけていますが、
まだ、手になさった事のない方に、
この素晴らしさを、どうやってお伝えするか、
毎年、自分の文章力のなさを悔やみます。

095mimata519.jpg

アンティークな気配を漂わす、
スキ(透明)なガラスの作られますが、
巳亦さんらしいガラスは、不透明な彩り豊かなガラスです。
不透明で深みのある色合いのガラスなのに、暗くはありません。

手に持つと、さらに周りの光を集めて、
仄かに明るくさえなります。

095mimata458.jpg

ガラスらしい爽やかさを持ちながら、
冷たさもなく、四季を問わず使いたくなること、
吹きガラスの柔らかなフォルムに加えて、
繊細はテクニックで、和の器にある歪みを取り入れて、
幅広い料理に対応できて、盛りつけを引き立ててくれます。

そんな巳亦敬一さんの彩りガラスだからこと、
ファンが増えていくのは納得できます。
ぜひ、直に手にとってみていただきたいと思います。
              
                  甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1374-44d942f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)