FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

器の存在感と質感

巳亦敬一さんの作品を毎日ご紹介していますが、
今日は少し大きめの器を2点見て頂きます。
このぐらいのボリュームがあると、
グラスやタンブラーとは違う、
存在感や質感を楽しめます。

09517mimata534_20090528124721.jpg

09517mimata540_20090528124740.jpg
ボール色線模様入り ブルーグレー
14,700円
径19cm高さ8.2cm


ブルーグレーの地色に、
四角や台形の色ガラス辺を埋め込み、
斬新で力強い文様をつくりだしています。
高台がない分、見込みの深いボールで、
器意外にも花器などにも使ってみたい秀作です。

09528mimata564.jpg

09528mimata565.jpg
台付ボール茶緑線模様入り ベージュ
11,500円
径20.5cm高さ8.2cm


茶系でまとめられた、
全体的にはおとなしめのイメージの鉢です。
台が付けられた品ある形でいて、
盛りつけしやすいバランスの、
使い勝手の良い鉢に仕上がっています。

巳亦さんの不透明なガラスは、
やきものに似た印象を受けたり、
暖かい料理を盛りつけたいとイメージされる方が多いので、
注意点をお伝えしておきます。

ガラスは熱に弱いわけでないのですが、
急激な温度差には弱いので、
熱湯をいきなり入れたりすると、
運が悪いとビシッと、ヒビが入ることがあるかもしれません。
でも、ゆっくりと温度を上げて行けば大丈夫です。
逆に、急冷もいけませんので、おぼえておいてくださいね。

何回かにわけて、徐々に熱いお湯をはって、
器をあらかじめ温めることで、
暖かい料理をもることもできますが、
磁器以上に冷めやすいので、
その点を承知し、計算して盛りつけると、
年間の長い時期に使え、盛りつける料理の巾も広がります。

                   甘庵

注:ただし、鉛クリスタルガラスなどは、
条件では、鉛が溶け出すこともあるので、
常温以下で使う方が良いでしょう。

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。


テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1387-4dd4648b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)