FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

新スキ定番品 その3

巳亦敬一さんの新スキの定番は、
飴色の煌めきがちょっとレトロだけど、
フォルムやデザインが都会的で大人の気配に満ちていて、
オシャレな器にまとまっています。

09mimata508.jpg
新スキカクテルグラス 大 2,730円
径7.5cm高さ13.5cm #36


キリリと冷えたカクテルを、
呑んだら美味しいだろうな~。
と、イメージが広がるグラスです。

09mimata480.jpg
新スキカクテルグラス 2,730円
径9cm高さ11cm #35


こちらの方が少しステムが低く、
デザートなど使い方も広いかもしれません。
それでも、綺麗でオシャレなフォルムは、
どちらにも共通し、選ぶ時には迷われている方が多いですね。

09529mimata566.jpg

飴色の煌めきは、素地に色があるのではなく、
光の加減で見えるために、
オフィス空間のように、フラットで白い光の下では、
飴色の煌めきは薄れてしまいます。

エコな暮らしを提唱されている状況ですが、
ここはタングステンランプの輝きや、
赤い色が欲しいところ。
小さなワット数でよいので、
手元に頃合いのあかりがあると、
お酒もより美味しさをますと思います。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。


テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1388-4fc62c50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)