FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

京都人

今日から藤田佳三さんの作陶展がはじまりました。
作品が雑誌などにも良く取り上げられるので、
名前をご存じの方も多いかと思います。

fjit40.jpg


出会った時はまだ20代中盤の若者でしたが、
今もう、中堅の力量あふれた作り手です。
藤田さんは京都生まれの京都育ちで、
現在は京都府亀岡市で作陶しています。
ぼくなどよりはずっと若いのですが、
前近代的は体験のもとに育って来た、
おもしろいエピソードをよく聞きました。
これって、京都の歴史の長さがそのまま暮らしに浸透してからのようです。
と同時に、京都人は新しいことに目を向ける、
姿勢ももっていますね。
だからこそ、古い伝統を活かしながら、
維持しながら、いつの時代も変わることなく、
同時に新しいことを取り入れてこれたのでしょう。


京都人であることが、
藤田さんの“うつわ”の原点にあるとおもっています。
華やかでいて上品・・・そうそう「はんなり」とした“うつわ”です。
それでいて、どこか古くさくなく、
しかも、いまぼくらが日常の中で使いたい“うつわ”です。


向こう付けや小鉢は、和のお総菜だけなく、
フレンチやイタリアンが盛りつけたくなります。

くみ出しや千代口は、煎茶やほうじ茶だけでなく、
カフェオレや、ミルクティも似合う懐の広さともっています。


fjt82.jpg



渋めの安南絞り手の絵付けも、
華やかな赤絵付けも、
盛りつけや、注ぐお茶やコーヒーのじゃまをしないどころか、
より美味しそうに盛り映えがして、
ティタイムを和ませ心豊かにしてくれるます。

fjit57.jpg


絵付けは、豊かさから生まれてきた、
自然な装飾です。
それは、時間と手間なのでそのまま価格に反映してしまいます。
ですから、間々すると絵付けが有ることで、
辛口でいえば、成金ぽくなってしまうこともあります。
だからこそ、育ちがどうしても映りこむ、
描き手、作り手の心豊かさが要だとおもいます。
その意味で、京都人の藤田さんは、
その育った感覚をとても上手く活かしていて、
加えて、持ち前のセンスと達者な筆裁きで、
作り出す器を、はんなりと仕立てています。

                    閑庵

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/139-3c3c6108
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)