FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

切れ由姿由

この醤油差しを見るだけで、
巳亦敬一さんの技量の豊かさが計れます。

09mimata522.jpg
醤油差し 5,250円
W10cmD7cm高さ9cm


可愛らしい姿に、思わず手に取りたくなる方が多いようですが、
形以上に、水をいれて切れを試していただくと、
必ずといってよいほど、感嘆の声をあげられます。

シェーバーの宣伝ではないですが、
切れ味抜群。
まさにスパッと切れます。

09531mimata572.jpg

蓋も工夫されていて、
ガラスの塊で重さがあるのですが、
丸い頭に長い棒状に伸びていて、
重みを相まって、安易に傾けても、
蓋がずれにくく、落ちにくくなっています。

09531mimata573.jpg

蓋と重なる縁に気穴になる溝がさりげなくあるのも、
機能美を感じるディテールに納まっています。

小さな器ですが、食卓で活躍するたびに、
技量と美しさを楽しめる逸品です。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。


テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1390-d6cb1728
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)