FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

水を得たガラス

涼しさを呼ぶ器をご紹介していますが、
それはまた、使い方や演出もあってのことです。
「面倒なこと」と思わずに、遊び心を発揮して見てください。

四季を取り入れて、気に入った器を使う楽しみは、
和の趣の醍醐味です。
要素としてはゆとりや遊び心を発揮することが大切です。

06jyousetu634.jpg
荒川尚也 クラック三角花入れ 42000円
△22cm 高さ37cm


ガラスに涼感をイメージできるのは、
ぼくらにはあたりまえですが、
世界のなかでは希な、和独特のセンスです。

0966arakawa675.jpg
上のクラック花入れに水をいれ
緑の葉をいれただけで
瑞々しく涼しげになります


アワで豊かな表情を演出する、
荒川尚也さんのガラスは、
美味しそうな水のように澄んだ素地が、
特徴だからこそです。

0966arakawa677.jpg
光を集めてキラキラ煌めきます

その素地は、水との相性がことのほか良く、
水をいれる事で、光を集め、反射し、煌めき、
艶めかしく、動きが出てきます。

清流の涼しい気配が溢れだす、
荒川さんの器は、水を得たことでより活き活きして、
なによりの夏のご馳走になります。

           甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1394-3f8e0829
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)