FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

飯碗と碗と灰

ご飯茶碗作るのが一番好きと言う、
村木律夫さんの飯碗や碗は、
衒いやおごりのない、まますると何でもない器ですが、
すこし時間をかけて、見ていると、
柔らかな表情をもつ釉薬の暖かさが伝わって来て、
手にすると、掌の心地の良さに引き込まれます。

9625muraki916.jpg
白釉平碗5,000円 φ14.5cmH5.7cm

さりげない飯碗のファンは、
必ずといっていいほど、
買い足しや、破損したときに、
また、村木さんの飯椀を選らんでくれます。
その時には、前回よりもっと時間をかけて、
選ぶことを楽しんでいる方が多いんです。

9625muraki918.jpg
白釉飯碗 2,800円 φ11.5cmH5.7cm

9625muraki919.jpg
灰釉飯碗 2,800円 φ12cmH5.4cm

一見なんでもない飯碗や碗の多くが、
灰それぞれの特性を活かして作る灰釉が、
施されています。

9625muraki917.jpg
灰釉碗5,000円 φ12.5cmH7.2cm

生け垣の剪定した枝葉の灰から、
近所の地ビールの絞りカスの灰まで、
少量の灰も活かせるのは、
量産ではできないだけではなく、
村木さんらしい、作り手の楽しみから、
生まれているようです。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気blogランキングへ

にほんブログ村 工芸

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1411-d88dfa3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)