FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

赤絵

赤絵は古くから、様々な手法で、
アジアや日本各地で作られてきました。
歴史的には磁器に施すことが多かった赤絵が、
近年土物に施されることが増えてきています。
fjt178.jpg


藤田さんの赤絵も手法や材料は、
伝統的な延長線上にありますが、
当初から手がけている粉引きに上絵してあります。
そのために華やかでいながら柔らかな質感を持っています。

元々藤田さんは、絵筆を巧みに使う技をもっていたので、
あえて、装飾のために安直に絵柄を器に描かなかったようです。
手がけてきた器は、粉引き、刷毛目、伊羅保と、
フォルムや質感や釉調という要素に絞って
クオリティを上げて来ました。
藤田さんの顔や匂いが、それなりに確立できてところで、
はじめて、鉄絵、ゴス絵、赤絵という手法を広げてきました。
それでも、パターン化した図柄を長く描くことを続けると、
すぐに筆が走る過ぎて、上手すぎるというのも変ですが、
面白みや趣が失われがちなので、
気を配っているようです。

fjt180.jpg


図柄を常にマイナーチェンジしたり、
あるいは、マルチカップやマグのように、
常に絵変わりにしています。
結果として絵柄がある器なのに、
藤田さんの赤絵や安南は常に進化しているため、
純粋な定番ではなく、随時模様替えして行きます。
結果としては、どれも一つずつの器になっています。
やはり出会いがあり、縁を楽しみ大切にしたいものです。

             閑庵

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/142-d06f48fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)