FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

身近なところから生まれた絵柄

オオバコ、ドクダミ、ホテイアオイなど、
山口利枝さんの器に描かれる絵柄には、
身近なところからスケッチされて、
絵柄になったものが多くあります。

097yamaguchi069.jpg
おおばこ文角小皿 2,100円 □11cmH2.2cm
ドクダミ文小皿 2,100円 □11cmH2.2cm


それらには、文様になるにはまだ時間が必要なものもありますが、
それでも、とても新鮮で、活き活きしている絵柄です。
手あとの残った温かみがあります。

09yamaguchi018.jpg
ホテイアオイななめしのぎ皿 2,940円
Φ15cmH3.7cm


古典柄には、長い時の中で洗練され、無駄もないのですが、
それを描くことは、模倣であり、写しの域を越えません。
今の山口さんの中から自ら生み出した絵柄は、
無理がなくのびのびとした、活きた線が走り、色が映えます。

09yamaguchi986.jpg
つわぶき楕円皿 3,780円 W23cmD17cm3.5cm

器は美味しそうでなくては行けないとお伝えしています。
美味しそうの中に、新鮮取り立ては、
絵柄の力として、美味しそうな器を仕立ています。

これからも、山口さんのスケッチブックから、
素敵な絵柄が生み出されることを、
楽しみにして行けそうです。

               甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1421-ef64a8a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)