FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

小皿小鉢

日常で出番の多い器に小皿と小鉢があります。
山口利枝さんの小皿と小鉢も、使いやすく、
小振りで使い頃の大きさのなかで、
それぞれの主張をもって、競いあっています。

09yamaguchi012.jpg
かけわけ3.5寸皿 1,680円
Φ11cmH3.5cm


少し深みのある皿で、白磁とダミ〈呉須を薄めにぬりつぶしたところ)の、
半分ずつに分けた、シンプルで力強いデザインは、
古典柄ですが、どこかモダンに感じられるところが、
山口さんらしさがしっかり出ている使いやすい小皿です。

09yamaguchi010.jpg
白磁輪花小鉢 2,100円
Φ10.5cmH4.5cm


型を上手く使って、花形を写し採った、可愛らしい小鉢です。
輪花の境ごとに中央にあつまる稜線が、
凛とした気品を漂わせています。

09yamaguchi009.jpg
青白磁3.5寸皿 1,680円
Φ11cmH4.5cm


画像では差がわかりにくいのですが、
白磁より少し青みを帯びた青白磁の小皿です。
釉の質感を最大限に活かすために、
ベーシックなフォルムに納めたところは、
山口さんらしい、物作りの姿勢を感じます。

10cmほどの小皿や小鉢は、
副菜を少しずつ盛りつけたり、
取り皿や鉢にしたり、
お手塩お皿にしたりと、
細々と食卓に並ぶと、
それだけで楽しくなります。
器も、メニューであり、食材や料理と同じくらいに、
食べる楽しみは必要なアイテムだからです。
この配膳やレイアウトの楽しみ方は、
和の器の持つ魅力の一つでしょう。

                甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1423-a012d497
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)