FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

ガラスの素地を楽しむ器

荒川尚也さんの個展が始まりました。
いかにも涼しげな澄んだガラス、
迸るしぶきのようなアワ、
冷たく凍ったようなヒビ。
どれも、荒川さんの魅力あるガラスの表情です。

それらの表情が綺麗に魅惑的に見えるのは、
澄んだ素地の質感にあると、
その素地を活かした器に個人的に惹かれると、
なんどもお話ししているのですが、
初日の今日、まさにそんな器をご紹介します。

09arakawa105.jpg
タンブラー 4,410円 Φ9cmH9~10cm

厚めにつくられた腰が、
ロックグラスらしい重みを持ったグラスです。
厚めの腰部分には細かなモールが、
温度差で揺らぐ屈折のように見えます。
腰からいったんくびれてから、
口縁が広がっていくところも、
なかなかそそられるフォルムです。

09arakawa103.jpg
酒盃 4,200円 Φ6.7cmH8.5cm

ロックグラスと基本は同じ表情のぐい呑みもあります。
冷酒もよいのですが、ストレートグラスにも使えそうです。
手にしたときの、ガラスの存在感が嬉し器です。

09arakawa106.jpg
グラス 3,780円 Φ8.5cmH12cm

上の2種と同じように、
アワもクラックもないコップです。
形も、シンプルで使いやすく飽きのこないものですが、
やはりガラスの素材感、質感は、
重厚感のある、男っぽいグラスに仕上がっています。

アワやヒビとはひと味違った、
一見素っ気ないようなグラスたちの中に、
荒川さんの素地を楽しめる要素が詰まっていて、
個人的に好感もっているグラスたちです。

               甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

まいど~

いや~荒川さん大ファンからの要望は、プレッシャーだな~。
でも、ぼくも負けないくらい荒川ファンなので、
素直に感じたことを、ピンぼけ画像といっしょに、
気持ちだけは一生懸命お伝えして行きたいと思っています。
で、今年もちゃんと見せてくれます。
ちょっと不思議なモノが多いですが、
素敵ですよ。

いよいよ始まりましたねi-194
楽しみにしていましたi-179
今年はどんな作品を拝見できるのかわくわくします。
鈴木さんの素晴らしい紹介待っていますねo(^o^)o!
高月でした

  • 2009/07/17(金) 14:02:09 |
  • URL |
  • oyaji様 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1430-4034d314
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)