FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

液体を注ぐと変貌

荒川尚也さんの素地を、
水のような素地とお話ししたり、
水のたとえてお話しすることが多いのですが、
澄んだ素地の器は、液体を入れることで、
違った表情を見せます。

09arakawa240.jpg
5モールフリーカップ 2,520円
径8cm 高さ7.5cm


はじめに澄んだ素地をよく見て頂くのに、
アワのない器の代表として5モールフリーカップで、
に水を注いで実験してみます。

09arakawa241.jpg

水を入れたところが、一体感のあるガラスといっしょになり、
モールのヒダが見えにくくなります。

09arakawa234.jpg
ソバチョコA 2,520円
径8.5cm 高さ6.5cm


今度はアワの入った素地に水を入れて見ます。
アワは手前のアワが強調されます。
水が光を器の底に集めて、
乱反射してキラキラ煌めきます。
照明や光の加減では、
影や光の屈折をテーブルに写しだします。
色のある液体だと色のフィルターになり、
ワインだと赤い光が写しだされたりします。

09arakawa235.jpg

ガラスの器に液体を注ぎ入れると、
液体がレンズの効果を生み出して、
様々な効果を出し、使ってこその、
楽しみを見いだせます。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1434-3aa2ea1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)