FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

流れを切り取った皿

荒川尚也さんのガラスの器は、
既製のガラス器のように、
サイズを揃えることや、均一なことより、
溶けた素地がステンレスのパイプに巻き取って、
息を吹きこんで伸びていった、
吹きガラスならではの魅力を活かして行くことを、
大切にしています。

09arakawa144.jpg
アワ皿 中 5,985円
径23cm 高さ1.8~2.4cm


皿などはまさにその代表です。
もともと球体に膨らましたところから、
形を整えていく吹きガラスでは、
皿は全く違う形にしていくには仮定が多く、
それぞれの表情を見せやすい器になります。

09arakawa128.jpg
アワ皿小 3,675円
径16.5cm 高さ1.6cm


アワ皿は、計算してアワをいれるのですが、
それでも、入り方や粒の大きさや形は一つずつです。
それは丸で、流れる水面を撮影し、
丸く切り抜いたように、
どれも魅力的で眺めていて飽きのこない景色です。

09arakawa259.jpg

夏は冷たい料理やお菓子が欲しくなります。
流れを切り取って器に盛りつければ、
涼しさでもてなす、ご馳走になります。

                甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1441-efe12dce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)