FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

豊富な酒器

荒川尚也さんは色々なお酒がいける口なので、
酒器のバリーションも多く、魅力的はラインナップです。
いける口なので、サイズがちょっと大きめですが、
その分で注ぐ酒の種類が増えたり、器に使えたりします。

09arakawa200.jpg
スクリューショットグラス 4,200円
径6.8cm 高さ8.7cm


アワのないスクリューシリーズのショットグラスです。
コップなどに比べて小振りですが、
ロックタンブラーなどに共通する、
とても男性的な気配を感じます。

光を集め、輝き、反射し、煌めくさまは、
ほの暗い中、光の落ちるカウンターに似合うそうです。

09arakawa212.jpg
酒器杯旭 5,775円
径7.5cm 高さ7.5cm
徳利 5,775円
径8.5cm 高さ12cm


アイスクラックを施した氷柱のような縁や、
氷裂のようなヒビは、冷酒がより美味しくいただけそう。
新作のアワの塊のような徳利も涼しげです。

09arakawa204.jpg
馬上盃 3,465円
一つずつ大きさや形や、
アワの入り方が違います
径7.2~7.5cm 高さ12~10.7cm


馬上杯も冷酒のイメージからスタートした記憶なのですが、
今やリキュールグラスのサイズで、
暑気払いに梅酒など、果樹酒などにもよさそうなサイズです。

ぐい呑み、ショットグラス、リキュールグラスなど、
コップほどの大きさはなくても、存在感はむしろ大きくて、
グラスが酒の肴になる、それぞれの個性に溢れています。

                    甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1442-901d0213
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)