FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

暮らしを和ませる藍色

藍で染めた布は身につけるだけれなく、
身近におくことで、和ませる力を感じます。

森くみ子さんは、積極的に藍を身の回りで使えるようにと、
長く可愛がっていただけるようにと、
手がかかっても色の綺麗な、
昔ながらの方法で、「すくも」を灰汁建てして、
品質の高い布を選び染めて来ました。

その姿勢は、全く変わる事はないのですが、
一人で運営する体制になり、
たくさんのアイテムを作ることが、
どうしても難しくなってきています。
それでも、企画展ごとに計画して、
少しずつでも使っていただけるモノを、
作ってきてくれます。

今回も、素晴らし着尺や帯時から、
小振りな敷物までの品揃えになっています。
今日は、可愛い卓布をご紹介いたします。

0984mori349.jpg
敷物 綿 30×47cm 4,515円 藍

藍と白の絞り文は涼しげで、
夏に涼しさを演出するには、ぴったりの敷物ですね。

0984mori346.jpg

荒川さんの花入れを合わせてみました。
とても涼しげな組み合わせになります。

0984mori350.jpg
敷物 綿/ラミー 33×50cm 8,400円 藍

この敷物は、生地も染めも違う複数の布を接ぐことで、
モダンで新鮮な藍布の景色をみせてくれます。

0984mori347.jpg

ティタイムに使えたら、
とても心豊かな時間を過ごせそうです。
稲垣明子さんのティカップと角掛政志さんのポットを、
レイアウトしてイメージ広げてみました。
違う色や生地を組み合わせることで、
洋の器にも似合います。

しっかり染めてある森さんの藍の布は、
気軽に水洗いできますので、
身近な布として使えて、
気持ちを優雅に豊かにしてくれます。

               甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1447-53c46aad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)