FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

錆びる侘びる

ステンレスとは文字通り錆びないという意味ですが、
金や銀やパラジウムなど錆びない金属=貴金属、
というイメージばかりではないでしょうが、
工芸の世界でも、近代化のときに、
化学や工業力の発展にリンクして、
透明であること、純度が高く鮮やかな色合いであること、
また、錆びないことが、
日常の道具や器としてもてはやされていきました。

身近で使う、スプーンやフォークも、
メッキされたものから、
錆びにくいステンレスが主流になっていきました。
便利です。
デザインが美しいものの一杯あります。
でも、和の器の多いときには、
どうも今ひとつしっくり馴染みません。

09sajihasi636.jpg
堀口茂樹 ティスプーン 1,680円
真鍮 L12.5cmW2.7cm


ぼくはそれが、錆びないからだとさえ思っています。
では錆びれば良いというのではなく、
錆びて侘びて行く程度のスプーンやフォークが、
和の器には似合うかなと、そう思っています。

09sajihasi637.jpg
堀口茂樹 デザートスプーン 1,680円
真鍮 L12.5cmW2.4cm


真鍮は、堅さを持たせて、錆びにくいようにした、
銅の合金です。少し詳しく書いた「真鍮の匙」も参考にしてください。

09sajihasi644.jpg
堀口茂樹 デザートフォーク 2,100円
真鍮 L13cmW1.3cm


また、素材としてとても、
温かみのある金属です。
堀内繁樹さんも、その良さをさりげなく引きだして、
ティスプーンとデザートフォークを作ってくれました。
一本ずつ打ち出して作った槌目を活かして、
シンプルですが、力強さも感じる和のカトラリーです。

                 甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1472-e28aa8bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)