FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

新しい和の器

今日は小野寺友子さんの、角鉢をご紹介します。
素地を一定の厚みに整えて板状にして、
簡単な形を使って作る、
さりげない角鉢ですが、
しっかり小野寺ワールドがあります。

09onodera708.jpg

09onodera750.jpg
炭化角鉢 2,940円 □15cmH4cm

まずは定番の炭化角鉢。
飽きがこない、何でも盛り映えする、
素地を活かした、土っぽいところが、
なんと言っても魅力です。

09onodera710.jpg

09onodera751.jpg
白マット角鉢 2,940円 □15.5cmH3.5cm

磁土を使った素地にマット釉の組み合わせもあった、
クールでありながら、どこかほのぼの。
この不思議さはやはり小野寺さん。

09onodera711.jpg

09onodera752.jpg
銀彩角鉢 4,200円 □15cmH4cm

炭化の角鉢がベースで、
ほとんどが染みこんでしまうため、
銀をたっぷりを乗せて上絵した銀彩の角鉢は、
華やかなのに、侘びている。
使っていくことでの変化はオーナーしだいで、
そこでまたオリジナルを楽しめます。

09onodera712.jpg

09onodera753.jpg
粉引角鉢 2,940円 □15cmH4.5cm

小野寺さんらしいぼってりとして、
土っぽい粉引は、和なのにモダン。
洋食器の良さを取り込んでいます。

それぞれの高台の画像も添付しましたが、
高台や土見せを楽しむのは和の器の醍醐味。
その当たりもしっかり満足させながらも、
新鮮さが溢れているところが、
今のぼくたちの食材と食卓にはぴったりな、
新しい和のうつわです。
               
              甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1480-c8d3dcd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)