FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

二つの黒

小野寺友子さんの器には、
二つの黒があります。

一つは、黒い釉薬を使って、
ぎりぎりに焼き切った感じの、
表面が窯変をおこして、
ほとんど金属のような表情を持つ、
黒マットのシリーズです。

09onodera686.jpg
黒マット皿 5,040円 Φ22.5cmH3.3cm

09onodera758.jpg
釉薬の多く含まれた金属が結晶化したり、
素地の中の長石が焼け溶けて吹き出している、
窯変の様子が楽しいめます。


もう一つの黒は、
茶がった黒になりますが、
薄く施釉して還元焼成と冷却で、
炭化させることで、
素地に含まれる鉄分を第一鉄化して、
黒い発色をさせています。

09onodera690.jpg
炭化皿 5,760円 Φ23cmH2.5cm

09onodera756.jpg
重みのある飽きのこない黒は、
和でも洋でも、料理を映えさせて、
使い勝手のよい器に仕上げています。


どちらの黒も、
安定して同色を狙うのではなく、
焼成による変化を計算して、
作り出すために、表情は一つずつ異なり、
魅力的なそれぞれが、
お好みで選ばれることで、
良い出会いを待っています。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1481-5e355b75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)