FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

使い方のイメージが広がる器

小野寺友子さんの今回の個展では、
カップや湯呑みが少なめでしたが、
届いている、ソバチョコ型の湯のみも、
少したっぷり目のカップも、
小野寺さんらしく、形の面白みに加えて、
湯のみやカップ以外にも使ってみたくなる器に仕上がっています。

09onodera719.jpg

09onodera768.jpg
磁器湯のみ 2.100円 Φ8cmH7.5cm

シンプルなフォルムの湯のみは、
釉下に控えめなしのぎが施されていて、
縦縞紋になっています。
デザートや小付にも使いやすそうです。

09onodera741.jpg

09onodera770.jpg
カップ 3,150円
W14.5cmD11cmH5.6cm


素地は磁器で、少し楕円に歪められた口と、
黒釉を施されたハンドルの、
モノトーンのバランスが軽やかなカップです。
マイカップとしてカフェオレや紅茶などから、
スープや持って食べる料理まで、
イメージできるメニューが広がってきます。

小野寺さんの器は共通して、素材感を活かした、
シンプルな構成で仕上げた器です。
そこには、飲み物や料理が、
注がれて、盛られて、器としての姿が完成することを、
頭に描きながら作られているからです。
使ってはじめて活きてくる器です。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1486-38c7f15d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)