FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

長い器

小野寺友子さんは長い器をよく手がけます。
ロクロで作れ、収納しやすく破損しにくい事から、
作るにも使うにも円形の器が能率的ですが、
長い皿や鉢が食卓に一つ上がると、
アクセントの器になって、リズムがかわり、
食卓が華やかになります。
汎用の効く長い器を使うことを、お薦めします。

09onodera807.jpg

09onodera808.jpg
黒マット楕円皿 6,090円
W36cmD20cmH3cm


長い器はべったりとは盛りにくく、
自然に空間がとられて、
盛りつけにもゆとりが生まれます。

とはいえ、使い慣れていない器は、
気に入って手に入れれも、
考えすぎたり、力みから出番が少なくなりがちです。
手に入れた以上は、意識して使いましょう。
はじめ使いこなせないと感じていても、
重ねて使うことで、器が教えてくれることが出てきます。

09onodera809.jpg

09onodera810.jpg
黒マット長角鉢 5,040円
W33cmD12cmH3qcm


また、思い込みを捨てて、
ともかく色々使って見ましょう。
使い出せば以外と思っていた料理との相性が良かったり、
盛り映えしたり、洗い方や収納の工夫など、
使い勝手の良さを発見できるものです。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1490-52274cc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)