FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

彫り皿

薊文は、武井順一さんが良く使われる彫り柄です。
軽井沢で育っただけに身近に感じていたこともあるのでしょう。
高原の風を感じる優雅で気品あるデザインにまとまっています。
巧みな彫りで、薊文が活かされている皿を2点ご紹介します。

09takei943.jpg

09takei944.jpg
薊紋六角皿 ウォールナット 拭き漆 12,600円
Φ16.5cmH1.8cm


角をゆったりと丸められた六角皿は、
菓子から料理まで幅広く使えそうで、
和でも洋で、エスニックな気配もあり、
多彩な食材を包み映えさせる皿に仕上がっています。

09takei945.jpg

09takei946.jpg
薊紋皿 ウォールナット 拭き漆 14,700円
W27.5cmD18cmH1.8cm


アーモンド形の皿の縁部分に、
シンメトリーに彫られた薊文は、
柔らかく滑らかな曲線とシャープで凛とした線を、
同時に感じ取れるリズミカルな器です。
フラットな仕上がりの中程が、
盛りつけの使い勝手の良さを確信させてくれます。

「刃を研ぐ作業がかかせません」という武井さん。
切れる刃物と、躊躇のない作業が器に向く彫りとして、
適度な深さの彫りなのに、立体感のある力強い彫りを仕上げます。
それは、丈夫で、洗いやすく、汚れにくい、
器として使う時の使い勝手に繋がっていきます。

                    甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

温かな質感ですね

身の回りで器の器をたくさんつかっているのは伝統ですね。
箸、椀、茶托、お盆など日常に溢れています。
桶、コネ鉢、俎板など暮らしのなかだともっと一杯ありました。
その温かな質感を今こそ改めて見直したいですね。

きょうから

10月になってますますしみじみ素敵な季節になりました木をますます近く感じられます

  • 2009/10/01(木) 21:05:13 |
  • URL |
  • はぐみ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1496-3aee0c81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)