FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

比べるもののない漆器の質感

繰り返しのお話しになりますが、
漆器は木の質感を好み、木の器を身近に多く使っていて、
より使いやすく、より質感をあげていくことで、
磨き上げられた方法です。

使いやすく丈夫な事は、
何度も強くお伝えしてきたとうりです。
その上、他の器にない潤沢な表情と、
比類のない質感は、誰をも心解かせる、
和ませる器だと思います。

<09urushi248.jpg
左:藤島いっかん ぐい呑み 桐 4,800円
W5.5cm D6cm 高さ4cm
右:松室裕重 面取ぐい呑み ケヤキ 7,000円
径7cm 高さ5cm
奥:本間幸夫 小片口鉢 15,750円
径12.3cm 高さ6.1cm
太田修嗣 通い盆 ケヤキ 26,250円 単品
径27~26.5cm 高さ2.7cm


晴れの場、宴など、
華やいだり、高揚する気持ちをもり立て、
演出するアイテムになると思います。

静寂の会席に椀が並ぶ姿には、心惹かれます。
寿ぎの宴で、鮮やか朱や気品漂う黒の漆器は、
催しとしての格調高いものにします。

09urushi249.jpg
左:太田修嗣 朱酒杯 10,500円
径6.5cm 高さ4.5cm
中:太田修嗣 黒面取りぐい呑み 10,500円
径6.5cm 高さ4.2cm
右:松室裕重 筋文ぐい呑み 栃 7,000円
径6.8cm 高さ5cm
奥:鶴見宗次 手ひねり片口 4,200円
W13.5cmD10.5cmH8.5cm
太田修嗣 通い盆 山桜 31,500円 単品
径30.5~30cm 高さ4cm


そのような、外食や特別なしつらえだけはなく、
友が来たとき、美味しい肴があるときに、
お気に入りの酒杯を並べれば、
会話は弾み、談笑の時が刻まれることでしょう。
やきものも良いのですが、
これからの季節には漆器も混ざると、
趣は一段と広がっていくことでしょう。

                甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1526-92e41aac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)