FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

西川孝次さんの赤いグラス

西川孝次さんのガラスは、
どこか異国の匂いが漂い、
どこか懐かし時の流れを感じます。
特に赤いガラスの使い方が魅力的で、
レトロでほのぼのとした温かなガラスに仕上がっています。

09nishikawa514.jpg
台赤モールリキュールグラス 3,465円

そんな西川さんのガラスなら、
ガラスを夏の器をとらえた先人たちでも、
冬の温かな部屋でいただく、
一杯の冷たい「のどごし」の魅力を、
冬のガラスとして認めていただけるのではないかと、
そういう、ぼくの勝手な思いから「冬晴れのガラス」として、
開催させてもらっています。

09nishikawa513.jpg
ステム赤あられワイングラス 4,725円

クリスマス、年の瀬、正月と、
「晴れ」の場の多い季節でもあります。
そんな時にも、洋の趣を十分楽しめるグラスでいながら、
和の器にも似合って、引き立て合うのが、
西川さんのガラスのイメージです。

09nishikawa515.jpg
ステム赤ワイングラス 4,725円

少しくすんだ素地に、落ち着いた、
それでいて華のある赤のガラスが、
程よいアクセントとして有効に使われるところは、
西川さんならではのお洒落なセンスです。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1543-fdf7977b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)