FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

西川さんといったら瓶

西川孝次さんのガラス器には、
どれにも西川さんらしさに溢れて魅力的なのですが、
なかでも、瓶は格別な趣に溢れています。

09nishikawa659.jpg

ご自身でも瓶を作られることを楽しみだと仰っているだけあって、
どれを手に取って、姿や感触を確かめながら、
光にかざしたりして眺めだすと、
角度によって見え方や色が違って、
引き込まれていってしまいます。

09nishikawa658.jpg
赤ぼかし面取り酒瓶 16,800円

09nishikawa660.jpg
青リキュール瓶 9,450円

09nishikawa661.jpg
紫三角リキュール瓶 9,450円

そんな瓶からさてどれをご紹介しようかと、
どれをとってもそれぞれの個性が素敵で、
選別することに、すでに迷いましたが、
逆にどれをご紹介しても素敵なのですから、
好みでいくつかの画像をご紹介しています。

09nishikawa664.jpg
ひわ色リキュール瓶 8,400円

09nishikawa663.jpg
赤フタリキュール瓶 8,400円

09nishikawa662.jpg
赤青ぼかしリキュール瓶 8,925円

ぼくの腕前とデジカメでは伝え切れません。
現物は画像でみていただくより、
数倍素敵だと思います。
ぜひ、お出かけになって手のとってみてください。

                 甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1547-d7628275
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)