FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

不思議の世界

中條正康さんの器の第一印象は、
色絵がとても有効に使われているので、
ぱぁ~っとしていて華やかです。
それは、和の伝統の絵柄の器でも、
十分に発揮されていました。

09chujo798.jpg
左:緑地金彩動物文八寸皿 12,000円 径25cmH4cm
右:黄地金彩動物文八寸皿 12,000円 径25cmH4cm


洋の暮らしや食生活を、
自然に取り込んでいるぼくらですから、
洋の器も作ってくれています。

09chujo799.jpg
左:緑地金彩動物文七寸皿 7,000円 径22cmH2.5cm
右:黄地金彩動物文七寸皿 7,000円 径22cmH2.5cm


和の器と手法は変わらないのですが、
器の形を変えるだけではなく、
盛られる料理が映えるようにと、
中條さんが生み出した絵柄が、
国籍不明の不思議の世界です。

09chujo800.jpg
八寸皿と七寸皿を入れ子にして文様をアップで。

どこかの国や、文化特有な絵柄のようで、
歴史の本で見たような、
でもどこと決められない、
絵本のような、お話しが浮かびそうな、
文様のような、デザイン帳にあったような、
中條さんの洋の器に絵付けには、
そんな不思議の世界があります。

09chujo801.jpg
高台内のサインも八寸皿m七寸皿にそれぞれ楽しい。

シルクロードの終点の日本の歴史文化は、
常に融合させて、異国の文化からデザインまでも、
和の器に変えてしまってきましたが、
ある意味では、中條さんの洋の器の絵柄も、
同じ事がいえるのではないかと思っています。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1556-bc75c4ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)