FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

華美の中の間

中條さんの尾形乾山写しや、
琳派の気配をデフォルメさせた和食器には、
一流の料亭で使われることからも分かるように、
盛り映えする使いやすい器として定評があります。

09chujo754.jpg
色絵菊型向付 14,000円 W18cmD14cmH4.5cm

京焼や各地の窯業産地のは、
たくさんの手技の優れた器がありますが、
そんな中から、プロたちにも認められているのは、
中條さんの仕事のなかにある「間」だと思います。
その時々の季節の素材を活かす料理を、
一つずつの器との盛りつけることは、
紛れもなく「一期一会」なのです。

09chujo761.jpg
芥子文角向付 小 8,000円 □9cmH6cm

中條さんは、大量に作ることをしませんので、
土の配合、灰作りからはじまる釉薬の調合と、
素地や材料は天然の素材を使います。
自然素材ゆえに揺らぎが多いのですが、
結果を自分の感性に合わせるのは大切な仕事。
また、そこに手仕事の魅力が潜んでもいます。

09chujo758.jpg
絵替竜田川向付 組 60,000円 W18cmD17cmH4cm

華麗は華やかな仕事ですが、
中條さんの仕事もいつもお話しする、
銀花でご紹介する作り手たち共通の、
「天然物の器」となります。

09chujo712.jpg
色絵松型向付 12,000円 W19cmD12cmH4.5cm

数十、数百とあっても寸分違わない、
量産の巧みさとは違う、
5客、せいぜい10客という単位で、
一つの仕事として生み出す器にある、
華美の中の間が、中條さんの器の魅力です。

             甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。

ランキングアップは皆様のクリックのおかげです。
とても励みになっています。
*******************************

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1557-84f69ef2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)