FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

絵替わりの妙

中條正康さんの荻窪銀花での個展は、
隔年の開催しています。
それは、様々の仕事や絵柄を、
2年間の時間の中で予定して、
貯めていってもらうためです。

09chujo833.jpg

09chujo834.jpg

絵替角小鉢  組20,000円 W8.5cmD6.5cmH3cm

それだけ、時間もかかりますし、
そうすることで、多くの表情や、
色合いや、絵柄や、豊富な種類の器を、
いっぺんに楽しめることが出来ています。

09chujo835.jpg

09chujo836.jpg

絵替4.5寸皿 組22,500円 径14.5cmH2cm

同じタイプのものでも、
そのほとんどは一つずつのものです。
その時限りの出会いになることは、
手仕事の器の宿命であり、
醍醐味でもあります。

09chujo837.jpg

09chujo838.jpg

絵替金彩3.5寸皿 組15,000円 径11cmH1cm

とくに、絵替わりで届いているもの中で、
組物として橋渡ししている器は、
この先も、作ってくださいますが、
同じようにいかないものを、
5枚で一つの器として完結している器です。

09chujo839.jpg

09chujo840.jpg

絵替チビ半月皿 組10,000円 W7cmD6.5cmH1.7cm

今回の絵替わりの器としての、
一期一会のご縁になります。
良い出会いの橋渡しができると良いと、
思っています。

              甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1560-d06107d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)