FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

絵のある器を毎日使う

師走は特に早く時間が流れるのか、
中條正康さんの個展も今日までとなりました。
この後、よくお話する、山梨県都留市の「もえぎ」さんと、
宮城県加美郡の「藍學舎」さんへ巡回しますので、
お近くの方は是非、楽しい絵柄の器を、
手に取ってご覧になってみてください。

09chujo768.jpg
湯呑 大 4,800円
径8cmH9cm
湯呑 小 4,000円
径7cmH7.5cm


さて、今日のお話しは、
心の和む絵のある中條さんの器のなかで、
自分の器として毎日使える楽しみのある、
湯呑みや、飯碗などをご紹介します。

09chujo767.jpg
湯呑 大 4,800円
径8cmH9cm
湯呑 小 4,000円
径7cmH7.5cm


湯呑みは大小あって、
男性女性とかではなく、
お好みの容積で選らべます。
絵柄も一つずつで、それぞれが良くて迷いますよ。

09chujo086.jpg
飯碗 大 4,500円
径12cmH7cm


飯碗は、手持ちの軽やかさが良いんです。
ちょっとリッチな気分になるんです。
まぁーその分、優しく扱う、器への優しさは必要ですけど、
それも、心を貴族にして優雅に扱う気持ちで行きましょう。

09chujo087.jpg
飯碗 小 3,500円
径11cmH5cm


可愛い絵柄、季節感のある絵柄、
どれも楽しく、選らんでいるのに、
見入っている方が多いですね。
楽しいです。

09chujo088.jpg

09chujo089.jpg
絵替平鉢 4,500円
径15cmH5.5cm


鉢ですが丼にも使え、
なにかと出番の多い汎用がきく器です。
結果毎日使えることになります。

これらを自分の器として、
日々のなかで使えることで、
ちょっと心が和み楽しくなるところが、
中條さんの器の一番の醍醐味でしょう。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1565-6e96f8b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)