FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

改号

”カン”という、響きが好きなのと、
ガキの頃から侘び寂びに惹かれたりしていて、
書き物をしたら、いたずら描きをしたときなどの、
のんき、しずか、ひま・・・などという意味合いから、
閑庵という号を、若い頃から名乗っていました。

ところが、このところ、
すっかり年取ったこともあってか、
どうも、静か過ぎていけないと、
ここまで暇ではいかんと思い立ち、
どうせ遊びですし、届け出もいらないので、
いくつかの候補を、気軽に変えていってみようかと。

まずはじめに、
甘いという字をあてて、
甘庵とします。
あまい、うまい、満足する、よろこばせる・・などという意味に、
あやかりたいかと・・・。

まぁー今まで考えてみなかったのですが、
気に留めてみると”カン”という音で、
結構良さそうなのがあります。
他にもまだ試したい字のあるので、
そのうちにまた、気分転換に変えるかもしれません。

まず、しばらくは、
甘い感じでいこうかとおもっております。
これで、辛口の言いたい放題をブログに書き込んでおいて、
最後に”甘庵”と号すれは、
甘辛ブログで、ちょうどよろしいかと。

          甘庵

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/158-090eed2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)