FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

器は作り手の分身

光藤佐さんの個展が昨日からはじまりました。
昨日今日と会場に光藤さんが詰めてくれています。
当然、お話しする機会が多くなります。

20代の時からのお付き合いさせていただいているので、
すでに、20数年という月日がながれました。
それでも、逢う度に個性的な魅力に惹かれます。
10mitufuji451.jpg
鉄絵5寸皿 3,600円 径15cmH2.8cm

また、その度に思うのですが、
器は作り手の分身です。
光藤さんという一人の人間が生み出す器は、
人柄、キャラ、人格、品性など諸々が、
器に反映されて来ます。

10mitufuji516.jpg
左:黒釉兜皿6寸6,500円 径18cmH4cm
右:黒釉兜鉢6寸 6,500円 径18cmH5cm


店主である甘庵が欠点だらけが故に、
心豊かな素晴らしいお客さまと、
心優しい作り手に支えられて、
なんとか30年目を迎えていると、
自覚はしておりましたが、
光藤さんも、その心優し作り手の筆頭ですね。

10mitufuji481.jpg
左:木賊呉須飯碗大 3,600円 径11.5cmH6cm
右:木賊赤絵飯碗大 3,800円 径12cmH6cm
奥左:呉須線文飯碗 3,000円 径11.3cmH5.5cm


さりげなく、渋目の表情の器ですが、
実は結構やんちゃでチャーミング。
温かくて穏やかな作りで、盛り映えがするのは、
使う方への優しさにそのものになっています。

10mitufuji484.jpg
総刷毛目鉢5寸 3,600円 径15cmH7cm

これらを感じとるには、直に見ていただき、やはり手に触れることです。
できれば使っていただくのが、一番ですね。
1/23土まで、無休で開催しております。
ぜひお出かけください。

                  甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1583-1919e4d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)