FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

三つのカップ

光藤佐さんの器のほとんどが、
和の器の伝統的は手法となっている、
粉引や刷毛目や鉄絵などと、
木の灰から調合した釉薬で出来ています。

その意味では、和の器なのですが、
今の和の暮らしの中では、
欧米やアジアから入ってきても、
すっかり日常的になっている、
カタカナの食材や食習慣がいっぱいあります。
自然に器にも、カタカナの器を使っています。

和の手法で作られているカタカナの器の代表として、
光藤さんの三つのカップをご紹介します。

10mitufuji509.jpg
粉引マルチカップ 2,000円 径10cmH7.7cm


長く人気の定番のマルチカップです。
言葉の通り、汎用出来る巾が広い器です。
それでも、口当たりの良さは抜群で、
結果として、お茶類、カフェオなどたっぷりと飲めるだけではなく、
ビールやお湯割りなど酒類などにも重宝されたりと、
手にした方それぞれの好物に愛用されています。

10mitufuji511.jpg
粉引マルチカップ 2,600円 径8.2cmH8.8cm

同じマルチカップとして新作です。
が、この形の原型が20数年前に、
光藤さんと出会ったきっかけの器です。
ぼくには懐かしさがこみ上げて来るものがありました。
モダンで、お洒落な形ですが、
趣のある粉引で仕上がっていて、
侘びて行くのが楽しみな和の器です。

10mitufuji487.jpg
総刷毛目カップ 2,000円 径11.2cmH6cm

総刷毛目は化粧土を、
刷毛で塗ることで、刷毛目の動きが楽しい器です。
このカップは、飲み物以外を盛りつけたくなる、
懐の広さがある良い器です。

それぞれに、個性がありながらも、
汎用がきく使い勝手の良さと、
使い込んでいくことで愛着が涌いてくる、
光藤さんらしさが仕込まれた、
魅力的な三つのカップです。

              甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。

ランキングアップは皆様のクリックのおかげです。
とても励みになっています。
*******************************

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1585-c18f8586
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)