FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

組で欲しくなる器

光藤佐さんの器は、プロユースが多いとお話ししましたが、
当然、5客ないし10客ほど使って頂くことが多いです。
案外少ないのは、そう言う数量でお客様と対応なさるお店の、
ご主人なり料理人がお選びになられるからです。

家庭でも、ここ一番や、晴れの器として、組であると安心です。
そんな時には、お薦めの器をきょうはご紹介してみます。

10mitufuji580.jpg

10mitufuji581.jpg
粉引兜鉢5寸 3,000円 径15cmH5cm

最もプロユースの多い5寸鉢です。盛りやすく盛り映えする定番中の定番です。
兜のような縁がありそう呼ばれますが、見込み部分に中高に盛り付けすると、
お使いになった多くの方に「とっても美味しそうに盛れる」と、お褒めいただいています。
また、粉引ですので使っていくことで、少しずつ侘びて行く和の器の醍醐味を楽しめます。


10mitufuji582.jpg

10mitufuji583.jpg
粉引鉢5寸 3,000円 径15cmH6.7cm

こちらも粉引の5寸鉢です。兜鉢より深めで、丸くロクロを挽いたあとに、
手でゆったりを歪ませて、楕円になっています。
この歪みが、盛りつけした料理を豊かにとらえます。
粉引の定番として一番ながく愛されつつけています。


10mitufuji584.jpg

10mitufuji585.jpg
総刷毛目鉢5寸 3,600円 W15.5cmD13cmH7cm

今回の新作です。粉引は水に溶いた白い泥に浸けて化粧しますが、
これは、刷毛で総化粧してあります。
ハマグリ碗ともいわれる片方を歪めてある、和の器としては、
伝統的は形を、モダンにアレンジしてあります。
会席の向付から、総菜まで守備範囲の広い器です。


10mitufuji586.jpg

10mitufuji587.jpg
黒釉兜鉢6寸 6,500円 径18cmH5cm

こちらも兜鉢の形で、大変盛りやすく、盛り映えします。
晴れの器をして抜群の働きをしますが、同時に、
普段の器をして、洋でもエスニックでも盛り映えする、
盛りつけをする人の、お助け器です。

どの器も、光藤さんの器らしく、気品があることと、
盛り映えして使いやすいことが共通しています。
甘庵が、組で欲しいと思う器ばかりです。

                甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1592-f65b1ba4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)