FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

凝縮された器

光藤佐さんは、元呑兵衛です。
それもあってぐい呑みは、大変魅力的です。
湯呑みのように同じ形が組である盃とは、
似ている器でありながら、全く異なる器です。

10mitufuji588.jpg
いくつかある内から選ぶ楽しみは格別

毎度乱暴な言い方をしてしまうと、
丼と抹茶碗の比較に似ているかも知れません。
杯とぐい呑みは、目的は同じでも、
5客なりが揃っている杯に比べて、
ぐい呑みは原則一つずつの器です。

10mitufuji589.jpg
無地ぐい呑み 12,000円 径9cmH5cm

10mitufuji590.jpg
朝鮮唐津ぐい呑み 10,000円 径11.5cmH5cm

10mitufuji593.jpg
白磁鎬ぐい呑み小 12,000円 径6.6cmH6cm

オーバーにに言えば、
ぐい呑み自体が酒の肴になる器です。
小さいけど生意気な値段になることが多いのも、
気合いや手間や思いと込めた、
凝縮された器だからです。

10mitufuji591.jpg
灰釉ぐい呑み 10,000円 径6.1cmH5.7cm

10mitufuji592.jpg
刷毛目ぐい呑み 10,000円 径10cmH4cm

その意味では、日常食器ではないのですが、
大変魅力的で、器好きには、
こころ惹かれてしまうアイテムです。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1593-38672acc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)