FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

小さなおひな様が春を呼ぶ 2

今日は、小さなおひな様をご紹介する第二弾。
まずは、さかいゆきみさんの、
親指の頭ほどのやきもののおひな様です。

10doll621.jpg
さかいゆきみ
豆びな 1,050円 H3~4.5cm


石に彩色していると思われるかたも多いほど、
焼しめた素地はナチュラルな質感で、
それに合わせてマットな彩色が施されています。
飽きのこない、小さくても、
飾れば、そこに春が一足早くやってきます。

10doll635.jpg
道楽かん工房土人形
土ひな大 3,200円 H4.5cmほど


こちらは、道楽かん工房の真鍋芳生さんの土ひなです。
素焼きした素地に、胡分で下地を作り、
和絵の具で、春らしい華やいた彩色が施されています。
それでも、和絵の具の持つ穏やかさから、
「けばい」という感じは浮かびません。
むしろ、春の訪れを感じとれて、
ワクワクして気持ちも華やぎます。

10doll634.jpg
道楽かん工房土人形
土ひな中 2,500円 H3cmほど


お顔も衣裳も丁寧な仕事で、
それぞれに、可愛い籠の入っているため、
ちょっとしたスペースにそのままおくだけで、
春を呼ぶしつらえできます。
お部屋がぱっと華やぎますよ。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1604-e081826d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)