FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

あかりのディテール1

あかり展に並ぶ照明器具は、
どれも魅力ある手仕事の組み合わせです。

10lamp770.jpg
グーズネックスタンド 36,000円
吹きガラスシェード:巳亦敬一
銅打ち出しフランジ金物:堀内繁樹
支柱真鍮パイプ、ベースは真鍮ヘラ絞り
E17電球 最大40W
H41cm ベース径18cm


吹きガラスのシェードと支える台は、
打ち出しや、エッチングや、錆び付けなどの手仕事の技で、
スタンドやペンダントが点灯したときはもちろん、
点灯していないときにも、存在感を引き出しています。

10lamp767.jpg
銅打ち出しのフランジはよくみると、
槌目が違ったり、すべて一つずつです。


異素材の手仕事の組み合わせだからこそ生まれる趣は、
共振し引き立て合うことで倍増します。
隅々まで細やかなそれぞれの仕事が一つになることで、
照明器具としての使い勝手を基本としながら、
複合の工芸品として楽しめます。

10lamp769.jpg
一つずつのシェードがそれぞれに魅力的な顔を見せます。

荻窪銀花オリジナルのスタンドは、
堀内繁樹さんの銅打ち出しの金物と、
真鍮ヘラ絞りのベースと真鍮パイプで、
構成されていて、全て無塗装です。
時間と共に侘びる変化を楽しんでいただくことも、
磨き上げた輝きを楽しんでいただくのも、
お好みしだいです。

10lamp768.jpg
真鍮ヘラ絞りのベースはシンプルで飽きのこない存在です。

いずれのスタンドたちも、
明るさを得るためだけでなく、
存在が美しくあって、
灯した時には部屋に広がりが生み出す「あかり」です。

              甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1611-e5e8ef4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)