FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

アッパースタンド2

アッパースタンドと呼んでいる、
シェードが上向きのスタンドは、
なじみが少ない形だったようですが、
あかり展を続けていて、徐々にその良さを、
ご理解いただくようになり、
このところとても人気が高まっております。

10lamp774.jpg
荒川尚也作品
左:マジャパイトランプアッパー 126,000円
シェード径13.5cm 台径18cmH82cm
E17電球 標準最大25W


前回に続いて二回目の今日は、
荒川尚也さんのアッパースタンドをご紹介いたします。

10lamp776.jpg
アイスクラックのシェードは、光がはいることで、
アワやヒビが煌めき、縁は輝きの粒が連なります。


シェードは荒川さんのガラスの特徴を最大限にいかした、
澄んだ素地には、渓流のようなアワと、
アイスクラックという方法で作られた、
氷のような縁と氷裂のようなヒビが施されています。
また、八角形の腰部分の稜線が、
しまったフォルムを生み出しています。

10lamp777.jpg
錆び付けされた鉄肌とアクセントの真鍮が、
お洒落にまとめられています。


台部分は、鉄をエッチングで腐食させて描いた文様が、
点灯すると陰影が強調されて、伸びやかに浮かび出ます。
使うことで、吹きガラスのシェードや、
手仕事の金属台が、一双その魅力を活かすように、
よく計算されている、素敵なスタンドです。

                 甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1612-05e3de13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)