FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

器とシェード 1

荻窪銀花オリジナルのスタンドは、
手仕事の作り手たちの協力で出来上がりました。
つり下げる形のペンダントのシェードを、
巳亦敬一さんにお願いするところから始まりました。

10lamp808.jpg
巳亦敬一 ソバチョコ蕾 3,360円
径9.5cm高さ7.5cm


3代目の巳亦さんところでは、
灯油ランプのシェード(反射板)を作っていたという、
あかりに関しての長い歴史があります。
そんなノウハウと巳亦さんの確かな技で生まれたシェードは、
灯すと温かな光で、部屋だけでなく心も和みます。

10lamp809.jpg
奥は、アッパースタンド 35,000円
吹きガラスシェード:巳亦敬一
銅打ち出しフランジ金物:堀内繁樹
支柱真鍮パイプ、ベースは真鍮ヘラ絞り
E17電球 最大40W
約高さ65cm ベース径18cm


色々作って頂くうちに、
器とリンクした色合いや形の、
楽しいシェードができてきました。

10lamp810.jpg
巳亦敬一 台付片口ボール緑模様 4830円
W12cmD10cmH8.5cm


冬のあかり展でお目見えした新作が、
初夏の個展に、発展形の器になったり、
人気の器の手法を活かしたシェードが、
あかり展でみられることもあります。

10lamp813.jpg
奥は、アッパースタンド 35,000円
吹きガラスシェード:巳亦敬一
銅打ち出しフランジ金物:堀内繁樹
支柱真鍮パイプ、ベースは真鍮ヘラ絞り
E17電球 最大40W
約高さ65cm ベース径18cm


シェードは器のように盛りつける楽しみとは違い、
ペンダントでもスタンドでも、
ガラスの色や形そのものを楽しみます。
また、光と灯すことでガラスの表情の変化を体験できます。

光を透かすガラスだからこそ楽しめるシェードは、
器ともまた違う、ガラスの味わい方です。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1616-62a86350
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)