FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

器とシェード2

今日は荒川尚也さんのスタンドをご紹介して、
器とシェードのお話しをさせていただきます。

10lamp815.jpg
荒川尚也 冷茶碗 14,700円
径14cm 高さ7.6cm


澄んだ素地に描かれたアワ文や、
アイスクラックのヒビや割れは、
光の加減で様々な表情を見せます。
煌めいたり輝いたり、
光と影のコントラストを感じたりと、
置く場所や光の当たり方で、
様々菜表情をみせます。

10lamp816.jpg
上と同じ冷茶碗ですが、逆行ではまた違う趣の陰影が浮かびます。

ガラスにとって一番綺麗に見えるように、
光を灯すと言う発想から、
シェードも台も荒川さんの工房内で制作されています。

10lamp818.jpg
荒川尚也作品
マジャパイトランプ円柱小 94,500円
シェード径18cm 台径16.5cmH47cm
E17電球 最大25W


透き(透明)の素地を活かすために、
無彩色に感じられる、
錆び着けした鉄肌を活かした台にしています。
存在感のあるシェードに負けずに、
対等でありながら引き立てるように、
手の掛かる腐食で、地文様を施してあります。

10lamp820.jpg
厚みのあるシェードを灯すと美しい存在感生まれます。 <

灯した時に煌めく泡とアイスクラックが、
壁や床に陰影で幻想的に浮かび上がります。
その様は、明るさのためではなく、
灯すことで空間を演出する、
リッチな趣の、心豊かになる照明器具です。

                 甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1617-a3a6c275
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)