FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

グーズネックスタンド2

今日も定番グーズネックスタンドをご紹介します。
何度かお話ししているように、
シェードが全くひとつずつで、
シェードを受けるフランジ部分(銅打ち出し)も、
手仕事なので、微妙に表情が違います。
結果、全部ひとつずつのスタンドになります。

紹介するときに、迷ってしまっていうんです。
どれもそれぞれの素敵で、本当は全部ご紹介したいのですが、
それも、いかがなものかと思い、
少し我慢しているのですが・・・。
でもあと2点、好対照なシェードのスタンドをご紹介してみます。

10lamp851.jpg

10lamp858.jpg

グーズネックスタンド 36,000円
吹きガラスシェード:巳亦敬一 径13.7cmH13cm
銅打ち出しフランジ金物:堀内繁樹
支柱真鍮パイプ、ベースは真鍮ヘラ絞り
E17電球 最大40W
H41cm ベース径18cm


さりげないグリーンのシェードのこちらは、
置く場所を選ばず、長く可愛がっていただける、
飽きがこないシェードです。

10lamp852.jpg

昼間の消灯時にも穏やかな表情を見せてくれます。
文様にうめこんだトンボ玉や、縦の線文も、
淡いグリーンや透明を使っていて、
優雅に優しくまとまっています。

10lamp849.jpg

10lamp859.jpg

グーズネックスタンド 36,000円
吹きガラスシェード:巳亦敬一 フロスト加工 径13.7cmH12cm
銅打ち出しフランジ金物:堀内繁樹
支柱真鍮パイプ、ベースは真鍮ヘラ絞り
E17電球 最大40W
H41cm ベース径18cm


一方、このシェードは、可愛らしいピンクのシェードです。
決して子供っぽくなく、ほんわかした柔らな光を落とします。
シェード表面のディテールをみていただくと、
サンドブラスでフロスト加工されているのが分かります。
シックな白と赤のトンボ玉の文様も、
良いアクセントになっています。

10lamp850.jpg

消灯時の色が思った以上に赤みがすくなくて、
少し意外かと思われることでしょう。
点灯したときの色合いを計算されているのですが、
昼と夜の顔が違うところも、楽しいシェードです。

同じフォルムと同じスペックの台でも、
シェードの違いだけでも、
随分違う表情を楽しんでいただけると思います。
画像でも、違いは分かっていただけますが、
「あかり」は、直に目でみていただきたい作品です。
光の広がりや陰影にこそ、
吹きガラスシェードならでは、
繊細なニュアンスを味わっていただけたらと思っています。
ぜひ、ご来店ください。
置き方、選び方、電球の選択など、
お好みのスタンドに出会えるためにアドバイスや、
実際に点灯消灯や部屋の明るさなど、
細やかにお手伝いさせていただきます。

                  甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1624-6fb13e19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)