FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

上向き下向きの印象

昨日は、シェードの色違いから受ける、
印象の違いをお話ししました。
今日は、同じ手法で同じような色形でも、
下向きのグーズネックのシェードと、
上向きのアッパーのシェードを比べてみます。

10lamp864.jpg
グーズネックスタンド 36,000円
吹きガラスシェード:巳亦敬一 径18.5cmH11.5cm
銅打ち出しフランジ金物:堀内繁樹
支柱真鍮パイプ、ベースは真鍮ヘラ絞り
E17電球 最大40W
H41cm ベース径18cm


ちょっとレトロなスズラン形フリルの縁を持つシェードです。
素地のグリーンに、白と同系色のトンボ玉を埋め込んだ文様で、
シックな色合いと、透きガラスの見える縁に、
光が入り、煌めくフリルになります。

10lamp865.jpg
打ち出しの金物の槌目が細かく梨時ぽくみえます。

40Wまで入れられるため、手元だけはなく、
不透明なシェードが柔らかな光を、
お部屋に広げてくれます。

10lamp866.jpg
アッパースタンド 35,000円
吹きガラスシェード:巳亦敬一 径17cmH14cm
銅打ち出しフランジ金物:堀内繁樹
支柱真鍮パイプ、ベースは真鍮ヘラ絞り
E17電球 最大40W
約高さ65cm ベース径18cm


アッパーのシェードも同じスズラン形フリルを持つもので、
グーズネックより少しすぼまっていて蕾に近い形です。
グリーン系の素地に、赤の入ったトンボ玉が埋め込まれ、
若々しい華やぎがあります。

10lamp867.jpg
打ち出し銅金物の槌目が珍しく、縦に連続します。

光の演出は同じでも、
光の向きが上向きなので、
壁にそわせると、思いのほか広がりあるあかりになります。

上向きと下向きだと、使い方や、
置き場所が違うだけでなく、
同じようなシェードを取り付けても、
イメージや印象が随分違い、
それぞれの魅力を見せてくれます。

個性ある、クオリティの高い手仕事のあかりで、
お部屋のイメージを変えてみませんか。
お気に入りのシェードやスタンドに出会っていただければ、
高い効果がお約束できます。
                 甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1627-8ed7e321
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)