FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

桜が咲いた

東京に開花宣言がでました。
とはいえ、桜の香りや繚乱の下を歩けるのは、
今週末あたりからぼちぼちでは・・・。
今年は気温が低めになるので長めに楽しめるそうです。

10spring896.jpg
中條正康 花見兎チビ楕円皿 3,000円
W13.5cm D6cmH1.6cm


春の訪れや暮らしの変化などと重なることで、
桜は古今東西、多くの人々から愛されてきました。
近年は「さくら」「桜」にまつわる楽曲も、
人気を得ているようです。

器も古くから、桜を絵柄に取り入れられ、
愛されてきました。
春のひとときの花ですが、
おめでたい時に使う事で、
季節をえらばらずに使えると聞いています。

10spring906.jpg
山口利枝 花詰半月皿 3,150円
W19cmD15cmH3cm


まぁ~約束はともかくとして、
ウイット溢れる満開の酒宴の図も、
品良く上手にまとまった花文も、
気持ちが華やぐことは確かです。

どうもこのところ、プチですが、
アンラッキーな甘庵なので、
せめて器には花を添えてみたいと思っています。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1638-2a28ab3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)