FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

爽やかな個展

花見の季節の銀花の催しは、
野波実さんの個展というのが恒例。
満開の桜にあわせるように今日から始まりました。

10nonami053.jpg
透かし鉢、花留め、端反り小鉢、大壺

白磁、青白磁、マット白磁と、
白や淡い青の器が並ぶ爽やかな展示です。
磁器なので冷たくなりそうですが、
蹴轆轤(けろくろ)で挽きだした野波さんの器は、
ゆるやかな揺らぎがあり、
挽きだしたロクロ目が、
水挽きされる柔らかな粘土の動きを感じ取れます。

10nonami087.jpg
小鉢、飯碗、湯呑み、カップなど。

自然に顔つきが少しずつ違います。
似てるけど兄弟たちのような器たちから、
不思議な心地良さが生まれます。

10nonami111.jpg
手付片口、ふたもの、カップ、面取り急須、輪花鉢、大鉢、小鉢など。

とはいえ、一見は白い器。
魅力を感じとるには、直に手に取って、
ゆっくり見て頂くゆとりをもっていただくことが必要かも。
一番なのは、器なので使っていただくこと。
料理やデザートをもったり、
飲み物を飲んでいただいてこそ、
野波さんの器の素晴らしさをわかっていただけます。

まだ画像だけですが、HPでは画像をいっぱいご覧いただけます。
飽きのこない、盛り映えのする、
甘庵お薦めの器です。

            甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1644-0f6ff6b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)