FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

大中小の碗

野波実さんの個展も後半になります。
今日は、形はさりげないけど、
使いだすなんだかほっとして、嬉しくなる、
碗をご紹介します。

10nonami004.jpg

10nonami005.jpg

大中小の三種が届いています。
大きさはそれぞれですが、どれも掌が良い碗は、
それぞれの使い方を楽しめます。

10nonami003.jpg
白磁碗 2,800円 径14cm H7cm

大振りな碗は、抹茶碗ほどの大きさで、
小丼やお茶漬けなど、何かと重宝する碗です。
たっぷりした飯碗の好きな方にも良いですよ。
ゆったりした作りで、掌の良い碗に仕上がっています。

10nonami002.jpg
青白磁飯碗 2,700円 径12cm H6.5cm

普通の飯碗の大きさです。
一見同じように見えがちですが、
1つずつ挽きだしているので、
手に取ってよく見ると、顔つきがそれぞれで、
ちゃんと個性を主張しています。
丁寧な仕事なので、口当たりが良いんです。
ご飯が美味しいですよ。

10nonami001.jpg
青白磁子碗 2,000円 径10.5~11cm H5cm

子供碗の大きさです。
碗以外の使い方だしたくなる器です。
ちょっと盛りつけたり、
汁や飲み物をいただくなる大きさです。
手持ちと口当たりがよいので、
出番が多くなる器です。

自分の器を持つ伝統のあるぼくらには、
碗は器の基本といえます。
大きさや顔つきが違う器の方が、
ぼくは、なんだかしっくりします。
お気に入り碗でご飯食べたると、
毎日がブチ幸せが届きます。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1653-a90d61a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)