FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

作り手野波実の遊び その4

野波実さんの遊びとしてご紹介しますが、
器として使ってくださる使い手に、
遊び心が必要な器です。

10nonami145.jpg

ふたものです。
通常通りに内側を挽いた後に、
外側に、少し隙間を残して二重に挽きだして、
口部分で一旦閉じてしまいます。

10nonami010.jpg
青白磁透かしふたもの 7,000円
手前:径11.5cm H9cm
奥:径11.5cm H9.5cm


作業に頃合いまで乾いた後に、
外側に、花留めでご覧いただいたように、
透かし文様を掘り抜きます。

10nonami011.jpg
青白磁透かしふたもの 7,000円
径11.5cm H9.5cm


作り置きを冷蔵庫で保存したまま、
食卓に並べるお洒落な「ふたもの」としても素敵ですが、
キャンディやチョコなどをもてなす器など、
少し使い手好みの嗜好品が入れられて、
遊び心で使っていただくのが似合う器だと思います。

10nonami012.jpg
底があるので、返して高台側を見るとこうなります。

野波さんが遊び心たっぷりに、
手の込んだ仕事をするのは、
器を使ってくださる使い手と、
遊び心を通して、
器を通しての会話と楽しむためだと、
甘庵は思っております。

                 甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 美術ブログ 工芸へにほんブログ村

人気ブログランキングへ工芸ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/1655-7554df7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)