FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

偏った二極化

「二極化」、世の中でそんな言葉が聞こえて久しいですが、
どうも工芸屋にとっても、言えているようです。
今回の企画展の「普段使いの漆器展」にお出かけくださったお客さまと、
お話しさせていただいていると、
普段使い積極派と、
普段使いを否定ではなく考えてもいなかった派に、
二極化しているようです。

積極派は、今更ぼくが漆器の説明などする必要もなく、
よくご存じだったり、暮らしの中に取り入れて楽しんでくださっていたりする、
漆器を普段使いにしたいと思ってくださっているか、
既に使っているお客さまたちです。

反する漆器への感心が薄い方の方が、
世の中では多数側なのだなーと。
悪意でなく、ただ、漆器への認識が希薄で、
特別な好感もお持ちでない方々のほうが、
多くなってきているなーと、改めて思いました。

漆器の質感表情は素敵だけど、
それは特別な食器で・・・・・。
という方々に、いいえ漆器は普段使い出来るんですよ。
と、お伝えすることばかりを考えいましたが、
うーん。
そのまえに、まず漆器に接していないですものね。
たしかに、たとえばグルメとして色々食べる機会のある方でも、
外食では、接するチャンスは少ないですよね。
お料理屋さん、和食屋さんのなどの、外食産業では、
まず漆器は使っていません。
ほとんどが、プラスティックの椀や鉢。
ちょっと良くても、天然木加工品(だいたいが木の粉を樹脂で固めた物)に、
合成塗料を塗った器ですね。
これに、カシューや漆を塗った器でさえまれですね。

木の素地に漆をしっかり塗ったものが漆器と思っているぼくには、
外食では出会うことないですね。
って、第一、高級なところへは行けませんしね。

これは、自宅でも同じなのだと思います。
育つ環境でご両親なりが、器へご理解が深く、
日常的に使い慣れていれば、漆器へ誤解もなく、
漆器という工芸が自然に存在しているでしょうが、
そういう家庭環境も少数派になってしまっているようです。

ぼくが子供の頃には、車は高級なものだったり、
好きな人が乗っている物と言っていいくらいでした。
その普及率はとても今とくらべられる物ではなかったはずです。
それに反して、漆器はそれほど高級なものでなくても、
木の素地に、スリ漆を数度塗っただけや、
さらっとした塗りでも、ともかくまだまだ使っていました。

さて、さて・・・・。
世の中は、豊かになって来たと思う部分が一杯あるのに、
反面、心のゆとりが乏しくなり、ゆがみが見える気のする世の中で、
同じように、手仕事の器への理解が乏しくなってきたのを、
漆器が、わかりやすく代表しているよう思えてなりません。

この偏った二極化を憂いている“うつわ屋”としては、
まずは五分五分の二極化めざして、
ぜいぜい声高に「漆器は日常茶飯の器です」と言うばかりです。


                甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/166-7e403b53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)